中国銀行香港中国銀行(香港)/Bank of China (Hong Kong) Limited (“Bank of China (Hong Kong)”あるいは”BOCHK”)はHSBC香港と同様に、成人である満18歳以上であれば、日本や米国と異なり海外旅行者の身分でも銀行口座を開くことができます。

中国銀行といっても北京や上海で登録している本土系の銀行とは別法人格で、香港の法律に準拠して2001年に設立し香港株式市場に上場(HK.2388)したグループ銀行となり、南洋商業銀行を完全子会社とするほか総資産および預金量で香港第2位の商業銀行に成長しています。

香港ドル発券銀行の一つでもある中国銀行香港は、香港国内に197支店を構えています。中国本土系の銀行という強みを活かして人民元に関連するサービスが充実しているのが特徴と言えます。

オフショア海外銀行口座として中国銀行香港 Bank of China Hong Kong

中国銀行香港は、香港の他行と同じくマルチカレンシーで投資口座もあるほか、特に人民元の小切手や入金ATMなど決済や投資商品が優遇されているメリットがあるので、中国本土との取引のあるアッパー層の賢明な投資家は、中国銀行香港のマルチカレンシー口座をメインのGlobal & International banking accountグローバル&国際銀行口座として選択し、はたまた海外の利回りの高い投資案件の決済口座として有効活用されています。

中国銀行香港の口座種類と維持手数料 Below Balance Fee

中国銀行香港の口座で、まず気をつけておきたいのが「口座維持手数料」の存在です。日本の銀行の場合、口座におカネが入っていなくても何の問題もありませんが、中国銀行香港の場合、口座残高が一定水準を下回ると口座維持手数料が必要になってきます。

一般の個人が利用する総合理財口座(Integrated Accountインテグレーテッド・アカウント/総合理財戸口)には、飛行機のファースト/ビジネス/エコノミークラスのように預ける予定の預金残高の多い少ないに応じレベルを選択できます。

i-Free Bankingiフリー バンキング/自在理財、Enrich Bankingエンリッチ バンキング/智盈理財、Wealth Managementウェルス マネジメント/中銀理財といった3つのヒエラルキーがあります。

以下の表のように、アッパークラスになればなるほど、口座維持手数料は高くなるのでそれを避けるためにも、必要とされる預けるべき額が高額になることがわかると思います。

口座クラスとTRBと口座維持手数料
口座クラス 中国銀行ウェルスマネジメント
Wealth Managementウェルス マネジメント/中銀理財
中国銀行エンリッチバンキング
Enrich Bankingエンリッチ バンキング/智盈理財

i-Free Bankingiフリー バンキング/自在理財
総取引残高
TRB
HKD100万以上 HKD20万以上 HKD1万以上
口座維持手数料
Below Balance Fee
HKD280/月 HKD120/月 HKD60/月

中国銀行香港の凍結条件 Frozen

中国銀行香港も香港の他行と同じく、2年間出入金がないと凍結してしまうので注意が必要です。凍結してしまうと香港に渡航するしか解除方法がないのも同様となります。