スタンダード チャータード銀行 / Standard Chartered Bank

スタンダードチャータード銀行スタンダード チャータード銀行香港、正式名称はStandard Chartered Bank (Hong Kong) Limited/渣打銀行(香港)有限公司や単にSCBHK(当該サイトではSCB香港と呼びます)はHSBC香港と同様に、成人である満18歳以上であれば、日本や米国と異なり海外旅行者の身分でも銀行口座を開くことができます。 Standard Chartered Bankは1969年、英領南アフリカスタンダード銀行(Standard Bank of South Africa)と印度オーストラリア中国チャータード銀行(Chartered Bank of India, Australia and China)との合併により新たに設立され、ロンドンに本拠を置き世界70ヵ国に事業ネットワークを展開する150年の歴史を持つ世界的な銀行金融グループです。ここオフショア香港において1859年には、すでにチャータード銀行が営業を初めているほか、洗練されたサービスと香港の至る街かどで支店を備えているので香港市民や観光客と海外投資家には、非常に馴染みがある三大銀行の一行となっています。 最大株主はシンガポール政府でありながら、ここ香港では香港ドル紙幣の発券銀行でもあり、ロンドン、香港(HK.2888)、ムンバイ証券取引所に上場を果たしています。

オフショア海外銀行口座としてSCB香港 Standard Chartered Hong Kong

SCB香港は、香港の他行と同じくマルチカレンシーで投資口座もあるほか、決済手数料も割安で特に中東やインドで商取引のあるアッパー層の賢明な投資家は、SCB香港のマルチカレンシー口座をメインのGlobal & International banking accountグローバル&国際銀行口座として選択し、オンラインバンキングの利用がとても簡単なため海外からインターネットで管理する決済口座として有効活用されています。

SCB香港の口座種類と維持手数料 Below Balance Fee

SCB香港の口座で、まず気をつけておきたいのが「口座維持手数料」の存在です。日本の銀行の場合、口座におカネが入っていなくても何の問題もありませんが、SCB香港の場合、口座残高が一定水準を下回ると口座維持手数料が必要になってきます。 一般の個人が利用する総合預金口座(Integrated Deposit Accountインテグレーテッド デポジット アカウント/総合存款戸口)には、飛行機のファースト/ビジネス/エコノミークラスのように預ける予定の預金残高の多い少ないに応じレベルを選択できます。 Easy Banking Bonus Packイージ バンキングボーナスパック/快易理財Premium Programmeプレミアム プロブラム/Premium理財(旧Preferred Bankingプリファード バンキング)、Priority Bankingプライオリティ バンキング/優先理財といった3つのヒエラルキーがあります。 以下の表のように、アッパークラスになればなるほど、四半期(3カ月)に一度徴収される口座維持手数料は高くなるので、それを避けるためにも、必要とされる預けるべき額が高額になることがわかると思います。
口座クラスとTRBと口座維持手数料
口座クラス スタンダードチャータード銀行プライオリティバンキング Priority Bankingプライオリティ バンキング/優先理財 スタンダードチャータード銀行プレミアムプロブラム Premium programmeプレミアム プロブラム/Premium理財 Easy Banking Bonus Packイージ バンキングボーナスパック/快易理財
総取引残高 TRB HKD100万以上 HKD20万以上 HKD1万以上
口座維持手数料 Below Balance Fee HKD900/四半期 HKD360/四半期 HKD120/四半期

SCB香港の凍結条件 Frozen

SCB香港も他行と比べて凍結の期間が短く、10カ月間出入金がないと凍結してしまうので注意が必要です。凍結してしまうと香港に渡航するしか解除方法がないのも同様となります。

ちょっと一息コラム、お金を10カ月借りたいのに1カ月だけ融資してあげる?銀行の存在意義

Standard Chartered Bankもそうですあるが、銀行という業種は預金を集めて融資することを業としています。これは深い意味を含んでいます。まず、銀行がなければお金の貸し借りのために、いわゆる投資家を探すはめになり不便が伴う。仮に投資家を探したしてもどれだけ信じられるか疑問が残る。貸し手は借り手の情報がなければ相対的に高利で借り手を探すはずであるし、投資家(貸し手)が株を買い投資をする場合、なるべく割安な株式を買うことにある。しかしである。安い株や高利で借りる者は、アンダーグラウンドな人や企業が多く、いろいろとリスクがあるはずである。つまり、お金の貸し借りをできる相手を探し当てたとしても、すぐに取引ができるとは限らないのである。 銀行は市場をオープンにして相手方を探さないといけない煩わしさを解消してれる。他人にお金を貸したい人も、ただ銀行に預ければよい。誰に貸すかは銀行が勝手に決め、預金者は銀行が約束した利息だけでもらえば、それだけでよい。また、銀行は審査を行いリスクの高い企業や人に貸しだす可能性を遮断し、自身、分析および企業情報を公開することにより、ブラック企業株投資を予防することになる。厳格な管理の下、融資を得た企業がいいかげんに失う可能性を制限することになる。言い換えると、監査の役割も担っているのである。このように銀行は、取引相手を探す面倒をなくすだけでなく、望ましくない相手と取引をする可能性を遮断してくれる。 銀行の価値はリスクを分散する側面もある。例えば、10人の借入人と貸出人で構成されたグループの経済体があると仮定しよう。借入人10人中1人が不渡りの可能性がある人で、このとこき、1人の貸出人が1人の借り手に貸しつける取引をそれぞれ実行すると、10人の貸出人の中で1人が自身のお金を全額損失を被ることになる。 銀行はこのような不幸な貸出人1人を救うシステムであると言える。銀行が10名からお金を預かり10人に融資さえすれば1、0人は1人が起こす被害を分担、専門的には分散することになる。つまり、投資金の10%だけ損害を被るのである。銀行はもう一歩すすんで、リスクをゼロにするため、仮に被害が発生しても預金者に影響が出ないよう、利益から補てんし預金者に何の被害も出ないようにするのである。 このように銀行はリスクを自身には集中させたあと、顧客全体に分散することによってリスクをなくす役割を担っている。その過程で貸出利子の一部を自分でもらい、残りは預金者に支給する方法で収益を得ている。預金利息と貸出利子の差は預金者の立場において、投資金の損失リスクから回避する保険料に該当すると言える。 銀行の価値は、満期不一致の解消機能としての一面もある。一般的に貸し出す人は自身が必要な時、いつでも資金を回収を望む。反面、借りた人は出来るだけ長い間、借りたい。特に長期投資を望む企業だと投資期間が終了するまで資金を貸し出さないといけない。 このような状況で銀行がないと金融機能は事実上麻痺する。貸出人はいつ返還されるかわからないので貸し渋り、借入人は返還要求がいつくるかわからないお金を借りることは嫌で仕方がない。 この時、銀行があれば金融は機能し得るのである。例えば、10人の預金者と1人の借入人で構成された経済があると仮定し、10人の預金者が各自、一か月のみ10万円ずつ貸し出したいとするかたわら、借入人10カ月10万円を借りたいとする。このとき、銀行があれば、まず1人だけから10万円を預かりその分を貸出し、返還要求があれば、その他の預金者の分を貸し出さばよい。つまり、預金者10人全員から順番に一カ月ずつ預金を運用し貸し出せば10カ月保障することができる機能を備えることになる。 銀行の支給決済技術も徐々に発達し、テレフォンバンキングからインターネットバンキングへとテクノロジーに対応し、決済業務が簡素化されていることも銀行の重要な存在理由、存在意義の一つとなっている。 銀行とは: 預金を預かり、貸し出す機関。人々から預金をもらって債券を発行しながら資金を預かりまた、組織的に融資して経済循環を円滑にする機関。

SCB香港の口座開設とアフターサポート

Standard Charteredスタンダード チャータード/渣打銀行(香港)有限公司の当社、口座開設とアフターサポートの料金表です。

SCB香港港の口座開設サポート
口座グレード 通訳アテンド,サポート料(HKD)

Easy Banking Bonus Packイージ バンキングボーナスパック/快易理財
総合口座4,500香港ドル+投資口座500香港ドル
※投資口座は任意、開設後の設定サポート込み。
SCBプレミアムプロブラム
Premium Programmeプレミアム プロブラム/Premium理財
SCBプライオリティバンキング
Priority Bankingプライオリティ バンキング/優先理財
SCB香港の口座アフターサポート
サポート内容 基本料金(HKD)
SCBネットバンキングの操作サポート 2,000/年
投資商品を購入した場合無料
香港での投資商品のご案内 無料
投資口座の有効活用セミナー参加費 1,000
香港にて凍結解除手続き 2,000/回
渡航不要にて凍結解除手続き 3,500/回
銀行口座解約の手続き 2,000/回
SCB投資口座の申請 1,000/回
香港渡航必要
銀行発行のクレジットカードの申請 1,000/回
インターネットバンクの申請手続き 1,000/回
その他、各種手続きやトラブル解決 お問合せください

スタンダード チャータード銀行香港の基本情報 Fundamental information of SBC Hong Kong

スタンダードチャータードはロンドン証券取引所、香港証券取引所、ムンバイ証券取引所、ならびにインド国立証券取引所に上場している国際的な金融グループです。150年以上の歴史を誇り世界70ヵ国以上で1,700余のオフィスを有するグローバル銀行です。

香港の非居住者にも口座開設を開放しているため、多くの日本人旅行者が香港へ訪れSCB香港の口座開設を行っています。

名称 Standard Chartered Bank (Hong Kong) Limited / 渣打銀行(香港)有限公司
又は単に
SCB(HK)Ltd
本店所在地 4-4A Des Voeux Road Central, Hong Kong SAR
営業時間 ※香港時間 月~金曜日: 9:00~16:30
土曜日:   9:00~13:00
電話番号 +852 2886 8868
ホームページURL https://www.sc.com/hk/
申請書等の送付先 GPO Box 21, Hong Kong SAR / 香港郵政信箱21号
SWIFT Codeスイフト コード SCBL HK HH