香港にある当社のHSBC口座サポートのメリットHSBC

  • HSBC香港の口座専門の優秀なバイリンガル&ファイナンシャルスタッフが対応
  • 当社は香港にあるため、各問題に即時対応
  • 操作マニュアルは日本語で完備、アフターフォローも万全
  • たとえば口座開設はVIP専用で英会話不問、通訳者が同席し対応

HSBC香港上海銀行Hongkong and Shanghai Banking Corporation(略称は英語でHSBC、本サイトでは香港の支店をHSBC香港と呼ぶ)は、世界最大のグローバル英国系金融グループの一つである香港上海銀行の旗艦銀行。
150年以上前の1865年、英国領であったオフショア(租税優遇地)の香港で設立され、その後英国と香港に拠点とし今でもHK$紙幣の発券銀行のひとつでもあります。それだけでなく、米経済誌フォーブスの2008年版世界有力企業2000社中番付で1位を獲得しているなど、ヨーロッパ・アジア太平洋地域・アメリカ大陸・中東・アフリカなど全世界にまたがる71カ国の6,000支店・60万人以上の顧客にサービスを提供している世界最大の国際金融グループで、日本の地方銀行のような倒産の心配はないでしょう。

オフショア海外銀行口座としてHSBC香港 HSBC Hong Kong

情報と金融のグローバル時代が訪れた今では、アクティブな方々の多くが海外から収益をあげているかと思います。その利益の受け取り入金専用口座あるいは、投資資金の送金元の口座として利用しています。さらに、アッパー層の賢明な投資家はHSBC香港のマルチカレンシー口座をメインのGlobal & International banking accountグローバル&国際銀行口座として選択し、はたまた海外の利回りの高い投資案件の決済口座として有効活用されています。

本当にHSBC香港の口座が必要なのか? Really Need an Offshore Bank Account

ロンドンとニューヨークに並び、日本からはもっとも身近な国際金融センターの香港には、東アジアの営業拠点としての役割から「世界中の金融機関」が進出しています。一方、「個人投資家」にとって、オンショアの日本の銀行においても、海外市場の株式やファンドなどの金融商品を購入や配当の受け取りは可能で、オフショアHSBC香港の口座をわざわざ所有する必要は本当にあるのでしょうか。
しかし、残念ながらマイナス金利の日本の銀行ですと、資産運用手段として定期預金や限られた投資信託を窓口販売しているだけで、魅力のある商品の取り扱いが少ないほか、海外送金手数料や各種手数料はじめ割高なコスト、費用や経費を要してしまうのが現状です。
やはり、海外でビジネスを始める方や、これから細く長く海外投資や進出を真剣に考える賢明な投資家にとっては、海外のオフショア銀行口座は必要不可欠なものとなるのではないでしょうか。
そこで、弊社、香港のIFA(独立系投資家問会社)が顧客の理財目標への一つの手段であるHSBC香港口座をサポートを責任をもっていたしますので、どうぞご気軽にご連絡ください。

HSBC/滙豊銀行の歴史 The World’s Local Bank

米経済誌フォーブスの2008年版世界有力企業2000社番付で1位を獲得した英国系グローバル銀行、HSBC。
日本にも馴染みがある銀行で、明治維新直前の1866年(慶応2年)に横浜に支店を開設し、日本の近代化に貢献してきました。例えば、日本政府が円を自国通貨として採用するにあたって、政府に支援と助言を行ったほか20世紀初頭には、多くの大型融資に参画し鉄道や水道、港湾などインフラの建設資金を提供しています。日本政府も1879年、HSBC銀行横浜支店が銀貨を通貨として受け入れることを条件として預金もしています。

HSBC香港の口座種類と維持手数料 Below Balance Fee

HSBC香港の口座で、まず気をつけておきたいのが「口座維持手数料」の存在です。日本の銀行の場合、口座におカネが入っていなくても何の問題もありませんが、HSBC香港の場合、口座残高が一定水準を下回ると口座維持手数料が必要になってきます。
一般の個人が利用する総合理財口座(Integrated Accountインテグレーテッド・アカウント/総合理財戸口)には、飛行機のファースト/ビジネス/エコノミークラスのように預ける予定の預金残高の多い少ないに応じレベルを選択できます。
SmartVantageスマートバンテージ又の名をPersonal Integrated Accountパーソナル・インテグレーテッドアカウント、HSBC Advanceアドバンス(旧PowerVantageパワーバンテージ)、HSBC Premierプレミアといった3つのヒエラルキーがあります。
以下の表のように、アッパークラスになればなるほど、口座維持手数料は高くなるのでそれを避けるためにも、必要とされる預けるべき額が高額になることがわかると思います。

口座クラスとTRBと口座維持手数料
口座クラス HSBCプレミア口座
Premierプレミア
HSBCアドバンス口座
Advanceアドバンス
HSBCスマートバンテージ口座
SmartVantageスマートバンテージ
総取引残高
TRB
HKD100万以上 HKD20万以上 HKD5,000以上
口座維持手数料
Below Balance Fee
HKD380/月 HKD120/月 HKD60/月

多くの海外投資家が総合理財口座のHSBC Advanceアドバンスから口座利用をスタートすると思いますが、アッパークラスの口座のHSBC Premierプレミアにアップグレードすれば、世界中のすべてのHSBC口座が残高ゼロで開設できるばかりでなく、統合システムの「Global Viewグローバル ビュー」で全世界の口座が一覧でき、HSBC口座間の海外送金手数料が無料になるなど、グローバルバンクにしかできないさまざまな特典が用意されています。

HSBC香港の利用できる預金口座

  • 普通預金口座Savings Accounts: 出し入れ自由の預金口座
    香港ドル普通預金口座HKD Savings: 香港ドルの基本口座
    人民元普通預金口座RMB Savings: 人民元口座
    外貨普通預金口座Foreign Currency Savings: 香港ドル、人民元以外の10 通貨のマルチマネー口座
  • 定期預金口座Time Deposit Accounts: 香港ドル、人民元、および10 種の外貨の定期預金口座
  • 当座預金口座Current Accounts: 小切手決済用口座で利息は付かない。香港ドル、人民元、米ドルの3口座
    上記の一般口座の他に、これらをひとつの口座番号、1 枚のステイトメントで管理できる総合口座Integrated Account として、「プレミアPremier」「アドバンスAdvance」「パーソナル・インテグレイテッドPersonal Integrated又の名をスマートバンテージSmartVantage)」がある。

ちょっと一息コラム、銀行への偏見を捨てる。金融債と取り付け騒ぎ

預金を集めてそれを融資する機関が銀行と一般に思われています。これは銀行の役割をあまりにも単純化したもので、現実的に、銀行はおカネを集めて多様な方法で運用します。

銀行に預金が入ってくると、この中で一部だけ人に融資してあげ、残ったおカネは自分で利用する。その代表的なものは国債、株式、債券など証券を買い入れることであります。この過程で国債や証券の価格があがれば、銀行が売買益を増やすこととなります。また、不動産なのど固定資産を購入した後、売却して利益を得ることもありますし、積極的に海外で資産を運用することもあります。海外債券、派生商品を購入、外国籍企業に融資、このように銀行は多様な方法でおカネを運用し収益を創造します。

銀行は預かる(おカネを引きつける?)方法も多様です。最も代表的なものに一般の人から預金を預かるのが一つの方法でありますが、この他の方法ももちろん存在しています。その中の一つが、債券の発行で、金融債、銀行債と言われていますが、銀行自体が債券を購入した人からおカネを集めることができます。また、中央銀行の日本銀行から、時には、競合普通銀行からも融資を受けることもあります。そのほか、海外で資産を運用し、海外から資金を集めることもあり、もちろん海外で一般の人から預金を預かることもあります。

銀行の役割も様々で、単純に預金を預かり企業に融資する以外に、クレジットカード(信用カード)発行に類する、多様な業務を行っています。企業買収合併を仲介したり、経営状態が芳しくない企業を管理し、新しいオーナーに売却することにより収益をあげることもあります。このような、サービスに特化した銀行を投資銀行(IB”Investment Bank”)とも言います。

銀行は多種多様な金融サービスを提供しています。しかしながら、銀行本来の業務としての義務は預金と貸出を安定的に管理することであり、その安定性や健全性が銀行にとっては重要な要素となります。銀行は徹底的に管理されたおカネが飛ばないようにしなければならず、適切に資本を拡大していかなくてはいけません。そうすることで、預金者の引き出し要求に、なん時でも、応じることができるのです。

預金者がおカネを引き出すのに、引き出せない事態がひとたび起こると、大きなパニックとなります。そのような事実が広まると誰もが預金を引き出せない不安や恐怖が拡散し、銀行にかけつけて、自分のおカネの引き出しを要求するといったことが起こります。これを「銀行の取付け(Bank Run)」と言われるものです。取り付け騒ぎが起こっても銀行は当然、引き出しに応じる義務があるので、融資したおカネの回収作業に注力する(いわゆる「貸しはがし」)ことになり、銀行が企業や個人あてに貸し出したおカネを回収し、引き出しに充当します。融資を受けた企業や個人にとても難しい局面となり、国全体が経済危機への近づくことになります

その融資を回収するにしてももちろん限度があり、最後には預金保険機構が管理、その銀行が解散、倒産に至ることになります。銀行にとって最も重要なのは、やはり安定性や健全性であると言えます。

金融債: 銀行で発行する債券。銀行は発行して資金を集めることができる。

取り付け(Bank run): 金融会社が破産のおそれがあるときに、預金者がいっせいに銀行に駆けつけること。

HSBC香港の口座開設とアフターサポート

HSBC香港上海銀行(香港上海滙豐銀行)の当社、口座開設とアフターサポートの料金表です。

HSBC香港の口座開設サポート
口座グレード 通訳アテンド,サポート料(HKD)

SmartVantageスマートバンテージ
総合口座4,500香港ドル+投資口座500香港ドル
※投資口座は任意、開設後の設定サポート込み。
HSBCアドバンス口座
HSBC Advanceアドバンス
HSBCプレミア口座
HSBC Premierプレミア
HSBC香港の口座アフターサポート
サポート内容 基本料金(HKD)
HSBCネットバンキングの操作サポート 2,000/年
投資商品を購入した場合無料
香港での投資商品のご案内 無料
投資口座の有効活用セミナー参加費 1,000
香港にて凍結解除手続き 2,000/回
渡航不要にて凍結解除手続き 3,500/回
銀行口座解約の手続き 2,000/回
HSBC投資口座の申請 1,000/回
香港渡航必要
銀行発行のクレジットカードの申請 1,000/回
インターネットバンクの申請手続き 1,000/回
その他、各種手続きやトラブル解決 お問合せください

HSBC香港の基本情報 Fundamental information of HSBC Hong Kong

HSBC香港銀行は、イギリスの金融グループHSBCホールディングス傘下の銀行で香港に本店を置き、香港ドル発券銀行であり、世界で最も信用度の高い金融機関の一つです。

現在は、世界最大の格付け会社である“S&P”により、AA-(長期格付け)と格付けされリーマンショック以降も高い信用力を維持しています。

日本からもっとも近いオフショア地域で信用力の高い銀行であるので、ペイオフ対策として資産保全のために使用できる銀行と言えるのではないでしょうか。

香港の非居住者にも口座開設を開放しているため、多くの日本人旅行者が香港へ訪れHSBC香港の口座開設を行っています。

名称 The Hong Kong and Shanghai Banking Corporation Limited / 香港上海滙豐銀行有限公司
又は単に
HSBC Hong Kong
本店所在地 1 Queen's Road Central Hong Kong SAR
営業時間 ※香港時間 月~金曜日: 9:00~16:30
土曜日:   9:00~13:00
電話番号 ※口座クラス別 HSBC Premierプレミア:  +852 2233 3322
HSBC Advanceアドバンス: +852 2748 8333
その他:     +852 2233 3000
ホームページURL http://www.hsbc.com.hk/
申請書等の送付先 P.O. Box 72677, Kowloon Central Post Office, Kowloon,Hong Kong SAR / 香港九龍中央郵政総局信箱 72677号
SWIFT Codeスイフト コード HSBC HK HH