分散投資(Diversification)は、ポートフォリオ投資(Portfolio of Investment)の中でも異なる資産クラス(Different Asset Classes)、同一資産クラスであっても異なる時点(Time)の資産、異なる市場(Market)、地域(Regions)または国家(Countries)への投資することを意味しています。

リスク低減技術の一つとして分散投資

分散投資(Diversification)は投資マネージャー(Investment Managers)がよく利用する方法であり、大幅な収益減少を見ずにリスクを低減できます。(Reduce the risk without substantial reduction in returns)

収益の低いといえどもそれらの資産を、同じポートフォリオ内に組み込むことにより、収益をあきらめずポートフォリオ全体のリスクを大幅に低減(Reduce substantially the overall risk)できることが、実証されています。

なぜ分散投資がリスクを減少させるのか?

Why does diversification reduce risk?なぜ分散投資がリスクを減少させるのか。

各市場のトレンドは通常すべて一様(in Tandem)ではなく、いくつかの金融商品(Financial Instruments)は市場の動き(Market Movements)とまったく異なる反応をします。つまり、同一市場/景気変動(Same Market/Economic Movement)の下、ある投資商品(Instrument)は任意の時点で下落(Drop)することがありますが、もう一方の投資商品は価値が増加(Increase)する場合があります。

例えば、景気が低迷(Downturn in the economy)しているとき株式市場(Equity Market)も下落しますが(Economic Risk;景気リスク)、しかし、同時に債券市場(Bond Market)を押し上げます。(金利が低く、債券価格が高い)また、原油価格の上昇(Increase in Oil Price)は航空会社や製造業などエネルギーに依然する企業にとって不利となり、例えば、キャセイパシフィック航空‎(国泰航空)とCNOOC(中海油)にしてみると、この場合、ポーフォリオの全体から見ると、キャセイパシフィックにとって不利な原油価格の上昇は、CNOOCにとっては有利な材料(Positive Impact)となり相殺できるのです。

偏らないポートフォリオ(Balanced Portfolio; 均衡投資組合)

ポートフォリオ

種々さまざまの投資資産(Variety of Investment Assets)からの投資リターンは、投資家にとって現実的なリスクの分散となるため、単一資産(Single Asset)の投資収益と比べ更に安定的になります。

「すべての卵を一つのカゴに持ってはいけない」
投資理論として、「すべての卵を一つのカゴに持ってはいけない(One should always avoid putting all eggs in one basket)」という格言をどなたも御存じかと思います。これはまた、投資ファンド(Investment Funds)の基本理念(Underlying Concept)でもあります。

ポートフォリオのトータルリスク

表はポートフォリオ投資の中の資産種別が増えたとき、ポートフォリオのトータルリスク(Total Risk of a Portfolio)が下がることを示しています。具体的には、ポートフォリオの株式数(Number of Stocks in Portfilio)が増加するにつれて、個別リスク(Specific Risk)が減少しています。