世界中を見渡しても、低リスク(Low Risk)でハイリターン(High Return)という投資家にとって都合の良い金融商品は残念ながら存在しません。しかし、なるべくリスク(Risk)を小さくするためにはいくつかの方法があります。香港では、それをリスク軽減技術(Risk Reduction Techniques)と呼びます。

リスク軽減技術の種類Type of Risk Reduction Techniques

投資の世界において様々な技術がリスク(Risk)を低減できることが証明されています。

  1. 資産の分散Asset allocation
    方法の一つとして投資資金を1つの金融資産にまとめて投資せず、さまざまな種類に分散すればリスク(Risk)も分散され、安定度は増します。これを分散投資(Diversification)と言います。
    投資ファンド(Investment Funds)の投資対象はさまざまで、日本を含む国内外の株式(Equities)や債券(Debt Securities)のほかに、これらとは値動きの異なる不動産(Real Estate)やコモディティ(Commodity)など、投資対象の異なる投資ファンド(Investment Funds)をいくつか保有することで、複数の投資資産(Investment Assets)に対して投資をすることが可能となります。また、1つの投資ファンドの中で、複数の資産に対して投資を行っている投資ファンドも存在します。
  2. 時間で分散Cost averaging
    一度に資金の全額を投資するのではなく、何回かに分けて投資したり、毎月一定額を積み立てるなどの方法で購入時期を分散させることによって、リスクを小さくすることができます。
    定期的に一定金額で投資ファンド(Investment Funds)を購入するドルコスト平均法(Dollar Cost Averaging;平均成本法)という方法が存在します。

  3. 長期保有Long term
    市場は短期間(Short term)でみると一時的要因で大きく変動する(Interim Fluctuation)ことがありますが、長期間(Long term)でみると、この変動リスク(Risk)が小さくなる傾向があります。
    これを時間リスク調節(Time as a Risk Moderator)と呼びます。