リスク(Risk)とは損失または損害の可能性(Possibility of Loss or Injury)を指します。
証券投資においては、不可実性をリスクといいます。リスクを測る尺度として、分散や標準偏差が用いられます。
一般的には、「ある行動に伴って(あるいは行動しないことによって)、危険に遭う可能性や損をする可能性を意味する概念」 と理解されています。

リスクは財務上Financial Risk

リスク(Risk)とは損失または損害の可能性(Possibility of Loss or Injury)を指します。リスク(Risk)を投資用語(Investment Terms)で解説すると、投資期間の終了時における価値(End-of-Period Value of the Investment)に影響する不確定性(Uncertainty)となります。しかし、値下がりリスク(Downside Risk)が元々、投資金額のロスまたは減少(Possible Loss or Reduction)つまり金融リスク(Financial Risk)を表すため、投資家は値下がりリスク(Downside Risk) により関心を持ちます。投資業界(Investment Industry)にとっては、金融リスク(Financial Risk)の存在は、投資家の金銭に毀損が発生する可能性を意味し、誰もが資本増加を保証(Guarantee of Capital Growth)できないことを意味します。

リスク管理サービスRisk Management Services

金融リスク(Financial Risk)が近年増加してきているとほとんどの人はそう認識していますが、1987年のブラックマンデー(Equity Market Crash)、1992年ERMからの英ポンド脱退(Sterling Pound’s Exit from the Euro Exchange Rate Mechanism;欧州為替相場メカニズム)、1994年の債券市場バブル崩壊(Bursting of the Bond Market Bubble)、1997-1998年アジア金融危機(Asian Markets Meltdown)、2001年の911同時多発テロ(911 Terrorists Attack)、SARSと最近の金融危機(Financial Tsunami)、これら全ての危機が投資家の脳裏に深い印象を与えているかと思います。金融リスク(Financial Risk)が年々高くなっていることへの投資家の不安をあおられ、更に様々なリスク管理技術(Techniques)と対応商品(Products)の知れ渡るようにになり、そのためリスク管理サービス(Risk Management Services)への大きな需要増加につながってきています。