昨今の世界中の低金利政策のため、銀行預金よりわずか1%でも金利が高いほうに、お金は集まってきています。
相対的に金利が高い貯蓄銀行や、非課税商品などに関心が集まるのもこのためです。投資(Investment)とはこのように銀行利息より高い利回りを出してくれる代案であると考えるとわかりやすく、一般的に株式や債券、不動産などがこれに該当し、場合によっては更に高い収益(Return)を得るために金やオイル、トウモロコシなどの実物にも投資したりします。これらは一様に投資資産(Investment assets)とも言います。
投資が常に高い収益をもってきてくれるというわけでもありません。
投資には必ずリスク(Risk;危険)がともないます。それでも、日々お金を消費している皆様が、ある日突然、投資へと駆り立てるのは何故でしょうか?

投資の定義Meaning of Investment

最もよく聞く回答として蓄財(Accumulation of Wealth)と将来の備え(Provision for the Future)でしょうか。
財産を増やすには、備蓄に努め増やすことです。誰もが蓄財に勤しみ、時間をかけ資産を増やすのが投資であります。よって、投資とはお金を後々更に大きな収益(Return)を得るための、一定期間のコミットメント(Investment is the commitment for a period of time)であると言えます。つまり、未来の価値を引き換えに、現在価値を犠牲にすること(to sacrifice present value for future value)が投資の定義となります。

投資とリスクInvestment & Risk

さらに言えば、投資で稼いだのはいくらか?をほとんどの人は注目しがちですが、詳細な分析または投資が影響するリスクさえもよく知らないことがあります。投資顧問(Investment Advisors)側が、完全に投資リスク(Risk of Investment)の概念を理解し、投資家に対しリスクの負担を認識(to help investors define their risk appetite)させて初めて、実際に投資の実行または投資アドバイス(Investment Advice)を提供することができるのです。
この投資リスクのページでは、投資におけるリスクの定義種類収益とトレードオフ低減技術管理プロセス及び、香港の金融リスク管理についてまとめます。

収益とリスクReturn & Risk

たとえば、株式に投資する(Invest)場合、株価が上がれば収益(Return)を獲得できますが、反対に株価が下がれば損失(Loss)が発生してしまいます。したがって、投資には収益(Return)に相応するリスク(Risk)が伴っているのが、当然であります。高いリスク(Risk)を甘んじて受け入れるほど、得られるであろう収益(Return)はそれだけ大きくなります。
逆に、銀行の定期預金に貯蓄する(Saving)場合、銀行が倒産してしまうことはあって元本が戻ってこないことは確かにあるかもしれませんが、満期には一定の利息が手に入ります。

貯蓄は文字通り「貯める」とか「蓄える」という行為です。方法としては、お金を貯金箱にいれる。銀行に預ける。などがあります。

この貯蓄(Saving)と投資(Investment)のもっとも大きな相違点は、まさにリスク(Risk)です。貯蓄では収益(Return)が少なくリスク(Risk)がほとんどない反面、投資は高い収益(Return)を獲得できる代わりにリスク(Risk)は高くなります。結局、投資(Investment)とリスク(Risk)は影のように、投資家に付きまとうものだと見てもらって構わないです。しかし、このリスク性(危険性)にもかかわらず、投資しなくてはいけない理由は、最初に申し上げたように低金利、高齢化が主な原因となります。また、投資する期間が長ければ長いほど、リスク(Risk)が減少することから短期ではなく、長い目で実行することを注意しなくてはいけません。