グローバル金融市場の統合化(Integration of the global financial market)の勢いが増しているなか、その当事者の一つである香港は、大きく貿易や投資のパートナー(Trading and Investment Partners)に影響されてきました。香港経済に対する影響要因(Examining factors)を検討するには、米国や中国との関係で相互作用(Relationship and Interaction)を考慮することが重要となります。

中国経済The PRC Economy

中国は、香港の経済と金融市場の重要な役割を果たしてきました。中国本土と近接(Close proximity to the PRC)しているおかげで、香港は中国と貿易の面で優遇されていると言えます。香港は長年にわたり、中国に金融•管理•技術的専門知識(Financial,management and technical expertise)を提供することによって、外国投資を呼び込む中国のゲートウェイ(Gateway for foreign investment in the PRC)として務めてきました。

世界貿易機関World Trade Organizationへの加入

2001年の世界貿易機関(World Trade Organization)への加入以来、さらにグローバルな貿易(Global trade)や資本の流れ(Capital flows)の大きな門戸が開かれ、香港は中国の経済拡大のためにステージを設けた。2004年には、中国本土と香港はCloser Economic Partnership Arrangement;CEPA(経済貿易緊密化協定)を設立し、中国本土への市場アクセス(Market access)のための追加や特典(Additional and exclusive benefits)を香港に提供しました。

米国経済の香港への影響The Impact of the US Economy on Hong Kong

米国は、香港の主要な貿易および投資パートナーの一つであり、2008年米国への輸出は中国への輸出に次ぐ、香港国内総輸出量(Total domestic exports)の20.8%まで占めるに至りました。直接投資(Direct investment)に関して、国際連合貿易開発会議(United Nations Conference on Trade and Development;聯合国貿易和発展会議)のデータによると、米国の香港に対する年間直接投資はUSD1.7億を超えました。

カレンシーボード制Currency board system

これ以外には、香港ドルは、カレンシーボード制(Currency board system;貨幣発行局制度)のもと、香港ドルと米ドルは直接リンクされており(Hong Kong dollar is linked to the USD operating under the currency board system)、その結果、香港の金利は米国の金利と連動して推移する(Interest rate in Hong Kong tends to move in tandem with the US interest rate)傾向にある。上記の理由から、米国経済は香港経済に直接影響を与えています。
ドルペッグ制とも呼ばれており、香港は1983年以降、米ドルに対するペッグ制(US1$対HK$7.8)を施行しており、発券銀行が香港ドルを発券する際には相応の額の米ドルを預託する必要があります。また、現在も基本的にはペッグ制ではあるものの、2005年5月18日から目標相場圏制度が導入されたことにより、US$1=7.75~HK$7.85間での変動を認められています。

地域の影響Regional Influences

グローバル金融市場(Global financial market’s impact)の香港経済に対する影響を考える上で、地域的影響(Regional influences)を無視できない。香港はアジアで経済を引っ張る立場で、アジア市場(Asian markets)に興味のある国際ファンドマネジャー(International fund managers)は、香港を投資重点地として配分を多く割いており、その結果、地域経済や自国通貨の不安定さ(Instability of the regional economies and one’s currencies)は、必然的に香港からの資本流出につながります。明らかな例が1997年アジア金融危機 (Asian Financial Crisis;亜州金融危機)であり、急激なタイ•バーツ(Thai Baht)の下落による危機で香港ドルも投機筋(Speculators)に襲われました。