異なる経済セクター(Economic sectors)の剰余資金(Excess of funds)が、直接または間接的(Directly or Indirectly)に需要のある市場に流すことができます。直接金融(Direct finance)において、借り手(Lender)は貸し手(Borrower)から直接資金を取得することができ、この時の双方の融資額(Amount of lending)、収益(Return)及びリスク(Risk)は相互に一致しています。 

一括投資の運用成績

間接金融(Indirect finance)において、資金は金融セクター(Finance Sector)を通じて、貸し手から借り手へ流れます。したがって、仲介業者(Intermediaries)は、リスクを引き受ける代償として、一定の利息(Interest)を取得するだけなく、手数料(Brokerage or Commission;仲介手数料またはコミッション)も取得します。

資金調達のプランニングとしての直接・間接金融

資金調達のプランニングとして、外部からの資金の調達方法は、直接金融と間接金融に分かれます。間接金融は資金の提供者と資金の借り手との間にFinance Sectorの金融機関が介在し、資金の貸し手から資金を調達する方法をいいます。つまり各種金融機関から融資を受けることです。直接金融とは、そのFinance Sectorである金融機関を通さずに、貸し手から直接資金を調達する方法です。企業がFinacial Marketである証券市場などの投資家から直接資金を調達することをいいます。