二つの通貨間の為替レート(Exchange rate)は、一方の通貨に両替する通貨の量を示します。屈伸為替相場(Flexible exchange rate system;弾性匯率制度)の下では、為替レートは政府が指定するのではなく、通貨の需要と供給の市場要因(Market force of demand and supply for the currency)に応じて変動します。ほとんどの先進国は現在、屈伸為替相場(Flexible exchange rate system;弾性匯率制度)を採用していますが、一部の通貨は、固定相場制(Fixed exchange rate system)を採用し、他の通貨(主に米ドル)に対してレートは固定され、香港ドルが採用しているリンク為替制度(Linked exchange rate;聯系匯率制度)がその一つの例となります。

外貨建て商品の円換算投資利回りの計算など

外貨建て商品に投資する際には、為替手数料や税金関係などを考慮した手取り利回りを把握することが大切です。表面的な金利が高くても、為替手数料などのコストが高ければ、実質的な利回りは低いものになってしまいます。ですから、為替手数料や税金を考慮し、また満期時の為替レートが変動した場合などの為替リスクも考え、実質的な利回りを計算する必要があります。
為替リスク(Exchange Risk)とは投資に関連するリスクの一つとしてあげられ、つまり、為替レート(Exchange rate)が変動することによって、損失(Loss)を被るかもしれない可能性のことです。例えば、香港ドル10を100円で手に入れた場合、香港ドル10が90円に値下がりする(円高)と、香港ドルを円に交換したときに、10円の損失(Loss)を被ることになります。