投資リスクの基本的な理解した後、私たちが投資の決定を下す前に考慮しなければならない他の要素を論じます。
上記で説明したように、顧客の投資ポートフォリオに適切な助言や推薦をしようとする投資顧問は、顧客の投資ニーズと目標を考慮し、リスク許容度(level of risk tolerance)、制約(constraints)やその他特殊な状況を理解しなければならない。
投資リンク型保険(investment-linked policies)の販売では、保険仲介人(insurance intermediary)は顧客に保単の特徴と利点(features and benefits)を明確にする必要がある。様々なタイプの投資及びその関連するリスクととリターンの構造を理解することは、潜在的顧客に適切で正しい情報を提供し、見込み客(prospective client)が必要とする商品の種類の早期発見を容易にする。
したがって、ほとんどの保険会社/ブローカーは、代理人/業務代表者(agents/technical representatives)を支援するために上記のような顧客情報の収集アンケートの独自セット(own set of questionnaire)を考案する。そのような情報には、国籍(税務)、扶養家族の数、キャッシュフロー、投資目的や好み、現在の資産ポートフォリオや保険保障(nationality (tax purposes), number of dependents, cash flow, investment objective and preference, current asset portfolio and insurance coverage)が含まれている。このトピックに関するより詳細な議論については、セクション4.13.1を参照。

経済学Economics

経済学は、限られた資源の制限(Constraint of limited resources)の下で、いち個人がどのように選択をするか(How individuals make choices)、また、これらの選択が社会にどのように影響するかを研究する学問です。

グローバル経済

金融市場に影響する経済要素

投資目標とリスク許容度(リスク•トレランス)

その他投資制限

投資アドバイス