政府短期証券(Government Bills)は文字どおり政府によって発行され満期が短期のものを指します。目的は政府の予算支出に使用されています。短期合衆国財務省債券(US Treasury bills;US T-bills)や香港為替基金証券(EFB;Hong Kong Exchange Fund bills)がこの政府短期証券の一例となります。これらの債券に投資には、政府へおカネをい貸し付けると同じことになります。デフォルト(信用)・リスク((Risk of default)が低いため、債券の中では収益率が最も低く設定されています。短期合衆国財務省債券(US Treasury bills;US T-bills)の最低額面金額(Minimum denomination)はUSD10,000と香港為替基金証券(EFB;Hong Kong Exchange Fund bills)はHKD500,000となり、4、13、26と52週満期で割引(Discount basis)され取引されています。

ビルとノートとボンドの違いDifference between bills, notes and bonds

ガバメント・ビル(Government Bill;政府短期証券)は短期で1年以内の満期で発行される短期証券であり、額面価格(Face value)から割引(Discount)され販売されているので、満期をむかえる前に政府は金利(Interest)を支払う必要がありません。満期前に売却した場合、金利(Interest)は単純に購入価格と売却価格との差額になります。
一方、トレジャリー・ノート(Treasury note)とトレジャリー・ボンド(Treasury bond)は、満期まで半年毎に金利(Interest)が支払われる証券(Security)です。ボンドとノートの相違点は満期までの期間だけとなり、ノートは、2、3、5、10年の満期で発行されており、ボンドは10年以上の期間となりに長期投資に分類されます。