この種の投資商品は長期の保有に適し、比較的に短期のため流動性が備えるため、安全な資産の避難場所として適しています。その他、メリットをまとめてみます。

メリットAdvantages

  • 低リスク(Low risk)
  • 応急用(Emergencies)の貯蓄として利用可能
  • 特定の目的をもった累積資金
  • 元本保証、ときには保険も適用されます
  • 高い流動性(High liquidity)

デメリットDisadvantages

一方これらの証券がデメリットも確かに存在します。

  • 低い収益(Low return)でインフレリスク; Inflation riskに対応できません。
  • 不安定に収益率が変動する(再投資率リスク;Reinvestment-rate Risk)
  • 非政府発行の場合にはデフォルト•リスク(Default Risk)
  • 高額な投資額

ちょっと一息-マネー•マーケット短期金融市場商品の役割

短期金融市場のもっとも大きな役割として個人や企業などが、一時的に資金過不足を迅速に調節できる流動性を提供することがあります。実際、金融機関を含む企業、家計などのセクターの経営環境の変化に伴い、一時的に資金過不足状態が発生することがあります。この場合、短期金融市場がそれらを効率的に処理できる手段を提供することで、金融市場で一時的に急激な証券価格が変化するリスクなど不渡りが発生してしまうかもしれない信用リスクを縮小する効果をもたらします。

海外で代表的な短期金融市場の市況を現す指標としては、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR;London Inter-Bank Offered Rate)、ユーロ圏の欧州銀行間取引金利(EURIBOR;Euro Interbank Offered Rate)などがあります。

これらの指標を通じ、2012年のヨーロッパ信用不安、借主の信用力を反映したCDSスプレッドが上昇しました。このような現象は、金融機関どうしの資金借入条件が悪化していることを意味しますが、銀行間、または経済セクター間の資金事情を把握するのに有用な手段となります。