生命保険の主な種類Major Types of Life Insurance

生命保険の主な種類は以下のとおりとなります。

定期保険Term Insurance

指定した期間内(Specified period or term)のみ保障し、また臨時保険(Temporary insurance)とも呼ばれています。保険利益(Policy benefit)は、指定期間内に被保険者が死亡(Insured person dies during the specified period)して初めて給付され、死亡時に保険は必ず有効(Valid)である必要があります。

貯蓄保険Endowment Insurance

指定期間の満了または早死(Specified term or upon earlier death)の場合に、保険額面(Face amount)の給付が提供されます。被保険者が期間満了後にまだ生存している場合、保険契約が満了した(Mature)と言われています。

終身保険Whole Life Insurance

保険が被保険者の死に至る時まで(last the whole of one’s life)継続され、その基本的特徴は保険額面(Face amount)が死亡時(死亡以前ではないのは確か)に給付されます。

ユニバーサルライフUniversal life insurance;万用保険

この生命保険契約には基本的に以下の特徴が含まれます。

  • 柔軟な保険料(It is subject to a flexible premium)
  • 調整可能な利益(It has an adjustable benefit)
  • 経費やその他費用が加入者に開示される(The expenses and other charges are disclosed to a purchaser)
  • 現金価値が蓄積される(It accumulates a cash value)
  • 保障コスト(pure cost of protection)が、投資収益(investment earnings)と会社経費(company expenses)などの内訳が保険契約者に(policyholder )分離して開示される

生命保険のメリット(投資商品として)Advantages of Life Insurance (as an investment vehicle)

生命保険の基本的なメリットは以下のとおりです。

  • 不確定要素にに対して保障を受けられる(Protection against uncertainty)
  • 定期保険(term insurance)を除くほか、長期的な投資に適する
  • 早死で収入を失うことに対する保障(Protection against loss of income arising out of premature death)
  • 低いリスク(Low risk)
  • 定期保険(term insurance)を除くほか、特定の用途のために資金を儲蓄(accumulation of funds for specific purposes)
  • 生命保険のデメリット(投資商品として)Disadvantages of Life Insurance (as an investment vehicle)

    生命保険の基本的なデメリットは以下のとおりです。

    • 現在キャッシュ・フローが減少(Current cash flow reduced)
    • 低い収益率(Low yield)
    • 生命保険開始時に被保険利益が必要(Need to have insurable interest at the inception of life insurance policy)
    • 流動性がない(Illiquid)(少なくとも短期のうちは)
    • 柔軟性の不足(Lack of flexibility)
    • 原資産の所有権がない(No ownership of any underlying assets)
    • 引き受けられるかどうか、保険会社の査定の結果による(Acceptance of purchase dependent upon underwriting decision of the insurer)