償還期限(Term to Maturity)とは、債券の券面に記載された金額が償還される期日で、償還時には額面金額が償還されます。

ほとんどの債券は償還期限が固定(Fixed maturity)されており、発行者(Issuer)は期限満了時に債券所有者に償還することになります。投資家のあいだでは、1年から5年の満期では短期(Short-term)とみなし、5年から12年は中期(Intermediate or Medium-term)、12年以上は長期(Long-term)としています。米国では、長期債の満期は通常30年である一方、香港で発行された債券はほとんど10年を超えるものはありません。