企業における所有持分を表す優先株式は、会社に十分な利益があり配当する時、優先株主は固定の配当を取得できます。会社の普通株式を所有している投資家とは異なり、優先株主は議決権を持たないが、普通株主に配当する前に、最初に配当を受け取る権利があります。
会社が精算する場合には、優先株主は会社の資産に対して請求できる優先権を有します。注意すべき点は、香港では優先株式は普及していないということです。優先株式投香港では非常に一般的ではないということである。優先株式と債券への投資のメリットは同様になります。