債券・債務証券(Debt securities)は、発行時に決められた一定の利子が償還期限まで年々確実に支払われる契約の有価証券という意味で確定利付き証券(Fixed income securities)とも言われます。リスクレベルは株式投資より低め、償還期限が短かれれば短いほどリターンは少なくなりますが、ローリスクとなります。

定額で定期の収益Fixed periodic return

債券・債務証券(Debt securities)は定額で定期的な収益(Fixed periodic return)を投資家に提供します。当然、債券は投資商品(Group of investment instruments)に分類され、通常、償還期限である満期は通常1年以上となります。この種の証券は、定額利息の収益及び満期時に元金(Principal)、両方の元利を合計が償還されること(Fixed interest income and repayment of principal at maturity)を引き換えに、発行体(Issuer)におカネを貸しつけている事実を示す保証書または証明書(Security document or Certificate)であると言えます。法人または政府が市場から融資を受けるにあたり、投資家に還元されれる利回りはそれぞれの借り手である発行体の信用度(Credit worthiness of the respective borrower)を基準に決定されます。
投資家が債券(Debt securities)の購入の際には、当座の収益(Current income)に着目しがちですが、購入以降にも証券自体の値上がりの機会が存在します。また、流動性に関しては、その債券に関する活発な(Active)流通市場さえあれば、償還期限(Maturity)までの間、いつでも売買することができますが、流通市場が非常に低迷している(Inactive)場合には、投資家の資金は債券の満期償還に至るまで現金化できないことになります。
債券・債務証券には以下大きく2種類に分類されます。

  • 借入債務(Debt obligations)、例えば債券;
  • 優先株(Preferred Shares)

債券市場Debt securities market

債券市場には様々な分類方法があります。まず市場自体として、元受市場(Primary market;一手市場)と流通市場(Secondary Market;二手市場)に分けられます。新発債券はこの元受市場(Primary market)で公募が始められます。例えば、香港では、投資家が元受市場(Primary market)の競争入札の形で香港金融管理局(Hong Kong Monetary Authority)が発行する為替基金証券(EFN)を申し込むことができます。一方、法人が発行する社債の場合、新発行は通常、主幹事(Lead manager;牽頭経理人)や引受(Underwriters)の金融仲介機関(Financial intermediaries)が主催することになります。
また、発行済み社債は流通市場(Secondary Market)で取引され、主に市場外取引(OTC; Over-The-Counter)となります。このOTC市場は、ブローカー(Brokers)やお互いに証券の販売交渉するディーラー(Dealers)で構成される市場参加者の非公式のネットワーク(Informal network)で、取引所取引•市場(Exchange market)とは対照的に、標準化された市場(Standardized market)ではありません。これは、契約量(Contract size)、決済日(Settlement date)などの取引の詳細が双方の協議で決定されるためです。しかしながら、2000年より為替基金債券(EFN)も香港証券取引市場(Stock Exchange of Hong Kong)に上場を果たしています。

債券市場Debt securities market
取引所取引市場(Exchange market) 証券取引所に上場された債券を証券取引所のルールにそって売買されます。
店頭取引市場(OTC) 証券取引所を通さないで、金融機関と投資家が直接取引する市場。債券の売買はこの店頭取引(OTC)が中心です。

債券の発行体は法人または政府機関によって行われ、通常、投資期間は長期の満期となります(1年から30年以上)。債券所有者;Bondholder(投資家)への2通りのキャッシュ•フローの支払い方法を発行体に認められている特徴があり、一つは、指定日時までに定期的に一定額(Payment of a fixed dollar)を支払い、二つ目に指定期日に全額を償還(Payment of a lump sum)します。2回のキャッシュフローがあります。
その定期的な支払い(Periodic payments)は、利払い(Coupon payment;息票付款)と言われており、全額償還(Lump sum payment;全数償還)されるものは債券の元本(Bond’s principal)と言われています。
以下、さまざまな機構/組織(Institutions/Organisations)によって債券が発行されています。