債券によっては、投資家が額面金額(Par Value)のキャッシュあるいはその他の資産を取得する権利が事前に与えられています。(通常は発行人またはその会社の普通株(Common stock))。この種の債券が転換権付社債(CB;Convertible bonds;可換股債)と呼ばれており、債券の満期日の前(Before the date the bond matures)または指定した日付(Specified date)に、予め決められた価格(Pre-determined price)で指定された数の普通株に債券を転換できる(Convert the bonds into a specified number of ordinary shares)ことを約束し、それらの企業は投資家に権利を付与した債券を発行します。
転換権の設定が特に無担保(Unsecured)の債券に一つの魅力を与えています。このCBは通常、発行人は固定金利(Fixed rate of interest)を支払しますが、転換機能 (Convertible feature)のメリットを投資家に与えているため、その分、転換権のない債券に比べて利息は低く設定されていつことが多くなります。