アジアス売却アジアス社12日付のプレスリリースによると、昨年2015年8月30日にJDグループ(Tongchuangjiuding Investment Management Co., Ltd./ 九鼎投資管理集団股份有限公司)との間でアジアス社香港の保険事業の当事者間の12億3000万ユーロでの売却契約締結の発表に続いて、すべての必要な規制当局監督官庁の認可が得られたと発表した。

北京を本拠とするJDグループはリーマンショック前の2007年創業。中国をはじめとするアジアや北米に拠点を構え、中国最大級の未公開株投資会社を含むさまざまな金融サービス会社を経営している。

これにより保険事業に関して、ヨーロッパ資本の保険会社が中国本土資本になった初めての事例となる。

Ageas/富通保険社は同時に下半期には中名ではなく、英名の社名のみを本年度の下半期に変更すると発表している。